人気ブログランキング |
2006年 06月 11日 ( 2 )
W杯C組 アルゼンチンvsコートジボワール(2-1)
みんなは前から分かっていたけど、
チームにとって辞めることが一番いいと急に気付いて
一週間も経たないうちにドイツで解説者をしているあの人の解説。

ドログバを筆頭としたアフリカの身体能力と
リケルメ、サビオラ、クレスポといった攻撃陣のビックネームとの対決。

アルゼンチンは、攻撃陣のタレントの豊富さから、超攻撃的なチームかと思っていたんだけど
前線からしっかりとチェックに行くし、守る時は人数をかけて自軍に戻る
組織的な守備からゆっくりと前線にボールを運び、
チャンスと見たら一気に攻め込む、個人技も世界トップレベル。
完成・熟成されたチームでした。
このチームは強い。

対するコートジボワール。
対人能力が半端じゃありません。
早い。早過ぎる。
とんでもなくガタイいいし。キケンな香りがプンプンします。
このチームも侮れません。

前半24分のアルゼンチン リケルメのFK。
ゴール前で背の高いコートジボワールのDFとアルゼンチンの選手が潰れて
こぼれてきたボールをクレスポが押し込んで1点目。

これだ!
背の高いDFとの対戦(例えばオーストラリア)の必勝パターンが見えた!
俊輔のFK。
中澤・高原が前線で相手DFと共に潰れる→後から柳沢がこぼれ球をゲットゴール!
見えたね。

38分には相手DFラインの裏に走ったサビオラに
リケルメの絶妙のスルーパスが通って2-0。オフサイドだけどね。
これも日本っぽい攻撃ですな。

後半ドログバが1点を返すも2-1で試合終了。
コートジボアールの身体能力を生かした攻撃を
足が動かなくなったアルゼンチンですが、上手くかわして試合巧者らしく逃げ切りました。

オーストラリアと日本戦を予感させるような試合展開。
参考になりました。
by dutra_shirt | 2006-06-11 10:34 | World Cup
W杯B組 イングランドvsパラグアイ(1-0)
ベッカム、ジェラード、ランパード、オーウェンに加えて、ルーニーも戻って来る。
すごいタレント集団ですな。こりゃ。
倉内、いやクラウチ。でかい。
マイクよりでかい。しかも細い。
見逃せない。。。

日韓共催の前回のW杯で
幸運にもイングランドvsブラジルをイングランドのゴール裏で観戦した縁があるので
イングランドにはシンパシーを感じる。

4年前のロベルトカルロスの弾丸FK。
壁に当たって「バッチーーーン」って凄い音がした。
スローでオーロラビジョンに映し出されたのは弾丸をお腹に受けたキャンベル。
「うっっ!」ってなってる表情がとっても気の毒で
それ以来キャンベルのファンですが、サブスタートです。

大会2日目で、この好カード。
見逃せない。。。


開始直後、いきなり好位置でFKのチャンスを得るイングランド。
ベッカムのFKは美しい孤を描いて、あいてDFの頭をかすめてゴール右隅に吸い込まれた。
ビューティフルゴール。


でもその後はパラグアイの時間帯もあったものの得点は動かず。
時折キレキレのランパードの目の覚めるようなミドルキックあり、
パラグアイのバルデスの運動量、強引な抜け出しからのシュートあり、
点数は動かないものの要所要所にしっかりとした守備の見せ場あり、
と深夜枠としてはちと辛い試合でした。(寝たけど)

はっきし言って。。。つまんない試合だった。
by dutra_shirt | 2006-06-11 09:28 | World Cup



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt