<   2006年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧
23人枠
「北沢、そしてカズ、三浦カズ。」
日本が初めてW杯に出場したフランスで
加茂の更迭のあとを引き受けた当時の日本代表岡田監督が決めた23人枠。
過去の貢献度が高かった二人を切り捨てて
コンディションのいい戦力を優先した人事。

「ナカムラは私の構想に無い」
俺たちの中村俊介がW杯への切符を奪われた。
日韓W杯の日本代表監督フィリップトルシエの決めた23人枠。

「カズは試合に出なかったとしても代表に必要な選手」
「中村のFKで決めれる1点をみすみす捨てるのか」
「世界を相手にできるポテンシャルを持ったFWは久保だけだ」
23人という数は誰かを切り捨てなければ成立しない
絶妙な数なんでしょうね。
何を基準に選んでも皆が皆満足する解なんてあり得ない数。
貢献度で選べば今コンディションのいい選手を選ばないのか、と批判され
コンディションで選べば今までコンディションが悪くても我慢して使いつづけたのは何だったの?と批判される。

選ばれた23人に対してあぁだ、こうだ、と言っても仕方が無いと言うこと。
ここまできたら選ばれた選手たちを応援する、ということが大事。

More
[PR]
by dutra_shirt | 2006-05-16 12:38 | 日々徒然
日本代表23人枠 久保落選
ショックだ。
ジーコに潰された腰を何とか直して
戦えるギリギリのところを漂っていた久保。

落選を久保は冷静に受け止めているようだが
確かに久保のパフォーマンスは巻のそれより明らかに悪かった。
残念ながらジーコの目は節穴じゃなかった。

でも

過去の実績で選ぶって言ってたのに・・・
玉田、高原、柳沢、大黒って、過去の実績じゃ・・・





        久保が可愛そうだ。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-05-15 23:24
ナビスコAGr.4日目 VS浦和レッズ
悪い試合ではなかった。
が、
何度も何度も
おんなじ相手に負けてんじゃねぇ!

ってことですよ。

1点目は平野の守備がゆるすぎ。
今日は全体に平野の守備が酷すぎ。猛省すべし。

2点目は完璧にやられた。
永井のドリブルの技術が凄すぎた。
トップスピードに乗ったドリブルから、一瞬スピードをわざと落とす。
追いかけるマリノスDF(これも平野か??)もそれに釣られてスピードを落としたところに
タイミングを合わせて再びトップスピードまで加速、DFを置き去りにした。
DFの足を止めて振り切る技術をよく知っている。ため息が出る。


松田が気を吐いてた。
何度も危ない場面をクリアしつづけ、さすが松田。ってところを見せつけたね。

敵チームだけど闘莉王のDFも凄かった。
今日23人枠の発表があるけど、
恐らく松田と闘莉王、この二人が入っていない代表ってなんなんでしょう。

見所の沢山あるいいゲームでした。
が、スタジアムを後にする際、胸がむかむかして仕方ありませんでした。
何度も言いますが、

何度も何度も
おんなじ相手に負けてんじゃねぇ!


これじゃお客さんじゃねぇか。
あぁムカツク。ホントムカツク。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-05-15 06:10 | 観戦記
日本代表VS スコットランド
c0046471_647416.jpg

もう23人枠は決まっているらしいですが、
一応国内組最後のアピールの場、ということらしいので
松田のアピールをTシャツにして、いざ埼玉スタジアムへ。

しかし。
席では、席が雨もろかかるは、寒風吹きすさむは、で
Tシャツどころか持ってきた全ての洋服や
配られた「サムライブルー」マントや
ゴミ袋や
いろんなものを着込んで固まって、
ぶるぶるブルブル震えておりましてそれどころじゃありませんでした。

中澤が負傷退場してからは
こんなもの掲げられる雰囲気では全く無くなりました。
倒れてからピクリとも動かない中澤がタンカに運ばれた後
ピッチの外からは自分で歩いて控え室に消えましたが
もう心配で心配で。
家に帰って来てから聞いた報道では
1針縫ったものの脳震盪や骨折ではないらしいので
先ずは一安心です。

試合内容はなかなか良かったんじゃないでしょうか。
得点がまた入らなかったこと以外は。
スコットランドのDFが凄すぎました。
高いし堅いし、かつ全員が戻るの早い早い。
プレーもものすごく安定していて隙が全くありませんでしたね。

とにかくスコットランド代表の一人一人がパワーが凄く強くて
中澤以外はボールに対して競ったときまず個人対個人で負けてましたね。
(中澤がついた相手のFWはプレーさせてもらえずに相当イラツイテいたね。)
さらに中澤が退場した後、坪井が入ってからは
ゴール前でマークがずれて危ない場面が何度も作られたように
とにかくこの試合では中澤の強さを改めて認識させられましたね。

さて、久保はジーコに合格点もらえたんでしょうかね。
この試合だけで判断は難しいかな。
運命の月曜日。
多分サプライズはないでしょう。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-05-14 06:47 | 動虎シャツ制作活動
ジーコジャパン
「彼らの頑張りは賞賛に値する。ただし、最終メンバーについてのベースは頭にある」

先日のブルガリア戦の後、インタビューでジーコはそう言い放ったらしい。

巻、阿部、佐藤、長谷部
そして最後のアピールで残念ながら取り返しのつかない事故に遭ってしまった村井。

なんのための奮闘だったのか。


ジーコジャパン。

週末、当確線上にいると思われた選手たちはなんのためにプレーし、
そして私はスコットランド戦のチケットを手に、なにを目撃しに行こうか。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-05-11 17:45 | 日々徒然
村井・・・
村井今季絶望

村井・・・・
[PR]
by dutra_shirt | 2006-05-11 07:13 | 日々徒然
日本代表親善試合 VSブルガリア
会社の歓送迎会だったため録画観戦。

中澤が不安だ。
1点めはやや遅れてカバーに入ったものの簡単に最後のパスを許してしまった。
ペナエリア内で前を向かれた瞬間だったから
もっとつめなければいけない場面だった気がする。

その後の田中の対応もお粗末。
宮本はその時なにをやっていたんだろう。

久保ちん。
たぶん23人枠入り確実なんだろうなぁ。
マリノスを応援する一人という立場からは、
これまで苦労を重ねた久保には是非ドイツには行って欲しいとは思うけど、
最近の状態、なんかJリーグで流しているような対応を見ると
巻や佐藤と比較して「日本代表」として果たして相応しい選手なのかどうか
はっきり言って自信が持てない。

代表の試合に対して、どうしても思いが強くならないのは
ジーコの選手起用に対する不満もあるよなぁ。要因の半分くらいは。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-05-11 06:57 | 観戦記
Jリーグ第12節 VSジェフ千葉
勝てないねぇー。

前半の山岸のシュートの瞬間。
スタジアムで観ていたときはポッカリと山岸がフリーになっているように見えて
「あぁーあ、なにやってんだよ」
と思ったけど。
家に帰ってDVDで見直してみたら
あのシュートはすげぇよ。
左サイドから持ち込んだ山岸が右サイドに一旦ボールを預けてセンターに位置を取り
右サイドから山岸の肩の位置に折り返された羽生のパスをダイレクトボレー。
スッゲー。
半端なくスッゲー。
久保だよ。あの動きは。

しょうがないってことで。

そして後半ロスタイムに入る少し前。
ハーフナーマイクが放ったヘッドはキーパーに弾かれ
ゴールラインを割るかと思われた。
だがマイクはボールを諦めずに追いかけ、追いつき、ラインギリギリで更にゴールを狙う。
清水はそのマイクの執念を見事に結果に繋げた。


ここのところもはや恒例になりつつある
1点を追い掛ける展開。終了15分前のマイクの投入。
万策尽きて放り込みの始まりを告げる交代。
その時間帯、パワープレー自体は仕方ないと思うけど
マイクが背が高いからって、あんまりにも高さに頼った使われ方だなぁ、と思っていました。
が、

ごめんね。マイク。
君のことを少なからず電柱野郎だと思っていた僕をお許しください。
その、闘志溢れるプレー。諦めない気持ち。
ファイティングポーズを取り続けるそのプレーに今日は救われました。

今度マイクが登場した時は
「ああ、またパワープレーか」ではなく
「頼むぞ!マイク!」と思えそうです。

また勝てなかったけど・・・
チャンスを決められず、イライラしたゲーム展開ではあったけど・・・
今日はあのプレーを見れただけでもスタジアムに行って良かったです。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-05-06 23:40 | 観戦記
Jリーグ第11節 VS名古屋グランパス(1-1)
田舎でTV観戦。

マグロンのシュートで思わず大声をあげてしまった。。。

が・・・

またも終了間際の失点。

ガックシ。


次!次!前を向こう。
ホームだホーム。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-05-05 23:56 | 観戦記
田舎の無人駅にて
c0046471_664265.jpg

横浜へ帰る朝。
田舎の無人駅にて、母の作った握り飯を食す
[PR]
by dutra_shirt | 2006-05-05 06:06



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt