<   2006年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧
Jリーグ第10節 VSサンフレッチェ広島(2-1)
ハーフナーマイク。お前高すぎだろっ!

結婚式のため録画で。

試合内容としては、
終始ボールは支配していたものの、5バック気味で守る広島の守備を崩せず
ペースとしては広島ペース。

チャンスらしいチャンスを作り出せない。
スタジアムに行っていたらきっと、ジリジリとじれったい展開に思えたに違いない。

フリーになった河合や、若干引いて構えた久保がミドルをどんど打ち込むことで
広島DFを前に引き出したのか、
追いすがるDFのマークに、ダメか、と思いきや
その一瞬の隙を逃さず、素晴らしいクロスを上げ続けた隼磨の執念か、
必死で守る広島DF陣に隙間が少しずつ開き始めた後半。


そこでマイクの投入。
(山瀬の投入はよく意味が分からん)

高い。そのハイタワーは高すぎた。

たまらず盛田がペナでマイクを倒しPK獲得。
蹴るのは直樹。
キャプテンの気迫。全く動じない強い勝利への執念。
そんな気持ちが伝わって来るPKでした。

そして残り数分、攻め続けたマリノス。
またも高すぎるハイタワーが決定機をお膳立てした。
走りこんだ吉田もえらい。
あんたえらいよ。最後まで諦めず走力が落ちなかった。
ホイッスルが吹かれた後うずくまっていたのは
精根尽きたのか
それとも歓喜の勝利を呼び込んだ自らのゴールに打ち震えていたのだろうか。

グダグダした試合だったとは思わない。
選手の気迫が伝わって来たいい勝利だったと思う。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-04-30 10:35 | 観戦記
ナビスコAGr.3日目 VS FC東京(2-1)
やったーやったー!勝った!勝った!!!

これだよこれ!欲しかったのはこの感覚!

日曜日のグダグダを吹き飛ばす気迫の勝利!

終了間際の相手の猛攻を全力で防ぐ
痺れるような展開。これぞ待っていたマリノスの試合展開!

TV観戦ですが堪能しました。

明日DVD見直しまーす。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-04-27 05:53 | 観戦記
鉄人動虎 負傷・・・
全治6週間!!
オフィシャル

まじかよ。

W杯明けからの復帰となりそうです。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-04-25 06:11 | マリノス徒然
Jリーグ第8節 VSヴァンフォーレ甲府(0-1)
都合により甲府に行けず・・・(涙)
TV観戦。

しかもロスタイム。甲府のパワープレーに屈す。

試合は終始甲府ペースだったと思う。
甲府のFWは早い段階でどんどんプレッシャーを掛けてきた。
マリノスは後でボールを回すか
中盤を省略してロングボールを出すか、しか出来なかった。
結果得点に繋がるようなシュートまで持ち込めるチャンスが圧倒的に少なく、
ゲームの内容からして
この結果は甲府の戦術どおり、妥当な結果だろうと思う。

これで大宮戦以来3連敗。。。

今日は本当に、応援にいけなかったことが悔やまれる。


そして動虎。
右足太もも付け根を抑えたままタンカで退場。
左サイドを駆け上がる際、突然バランスを失って転倒した。肉離れだろうか。
この上動虎も離脱なのか。

前節、気迫を前面に出して戦ったはずのチーム。DF陣の崩壊。
そして今節、甲府の勢いのある前線からのプレッシングに攻撃陣が沈黙した。
いいサッカーが出来ていて結果だけが付いて来ない、というゲームではなく
全くマリノスのゲームが出来ないまま、相手チームの力・戦略に屈した実力どおりの結果。

暗闇を抜け出すのは次節。そう信じたい。

が、どうしたらこの悪い流れを断ち切ることが出来るのか
なにがここまでマリノスの歯車を狂わせているのか
正直よくわからん。

このまま悶々とした気分の週明けを迎えるのか。
くやしい。ただくやしい。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-04-23 18:31 | 観戦記
甲府に行こう
こうなったら甲府行きます。
勝ち試合見るまで引けなくなってきた。
戦え横浜!Fマリノス勝利をつかめ!

でも、甲府戦で唯一気になるコトが。。。

はたして「小作」に入れるのか??

マリノスサポーター全員昼飯に小作行くんじゃないのか?
2000人くらいは小作狙ってるんじゃないのか??
[PR]
by dutra_shirt | 2006-04-18 08:26 | マリノス徒然
新宿「鳥茂」にて牛串を食す
新宿駅南口から至近の場所に黒い門を構えるここ「鳥茂」
「鳥茂」だけどメニューは牛中心。
c0046471_13424342.jpg
オヤジさんの代から通っているという友人と一緒に。
店内は凄く混雑していて2階に行く階段の途中の椅子でしばし待ちます。
待っている間にグラスビールを頂きました。
やっと席について生ビールと2000円(串3本)のコースを注文。
c0046471_13455243.jpgc0046471_13461111.jpg
牛レバーと何の串だか忘れちゃった。
あと写真は撮らなかったけどつくね。

牛レバーはさっと焼いて中はジューシー。美味。
つくねは柔らかめでこりこり軟骨入り。
薄味だったので個人的には柚子胡椒で食べたかったかな。

他にいくつか食べたんだけど、絶品だったのが〆の牛ネギトロ丼?でしょうか。
c0046471_13495360.jpg
マジうま。
友人のお陰で裏メニューも頂いたようで
とっても満足。

4人で食って飲んで2万円弱。

東京都渋谷区代々木2-8-5
TEL 03-3379-5188
新宿南口「鳥茂」
[PR]
by dutra_shirt | 2006-04-17 06:40 | おいしんぼ
Jリーグ第8節 VSガンバ大阪(3-4)
AFCで中2日のガンバと怪我人だらけのマリノス。
浦和を逆転圏内において追随して行くために負けられない上位との一戦。

動虎の技ありのセンタリングからピンポイントで合わせた大島のヘッド。
松田の目の覚めるようなシュート。
狩野のナビスコの録画を見ているかのような素晴らしいポジショニングからのゴール。
必死のディフェンスをあざ笑うかのようなマグノアウベスの個人技。
何度も助けられた達也のスーパーセーブ。
動虎と加地、隼磨と家永のマッチアップ。

見所一杯だったガンバ戦。
負けてしまった試合後。選手たちは本当に悔しそうでしたけど
その一方でなにより嬉しかったのは、
諦めない気持ち。火花散る闘志。
再びその戦う姿勢を見せて貰ったことです。
今日はバクスタの拍手も気持ちがこもって、終始大きな音が出せていたと思います。

チームは4連勝の後勝ち星なし、
浦和とも勝ち点7差。チーム事情も怪我人が多く苦しいですが
大宮に負けたあとの嫌なムードはこれで払拭されました。
次節以降の快進撃を信じて。

More
[PR]
by dutra_shirt | 2006-04-16 09:55 | 観戦記
ガンバ戦 プレビュー
故障者だらけのガンバ戦。
だが、先日のナビスコでの手ごたえを掴んだマリノスにとって、試合への入り方はむしろ前向きでいけるはずです。

さて、スタメンですが、大方の予想は以下のとおりか。

 久保  大島
    吉田
動虎     隼磨
  河合  上野
中澤 栗原 松田
    達也

「残念!そこはシジクレイ」と思ったら、「おっと残念。うちには大島がいる!」
残念返しだ。大島!

さらに、今日は吉田!
本来の1列目を追い越す動きをどんどん積極的にやって欲しい。

たとえば
大島が頭で久保へ→宮本君の背の届かない領域で久保が折り返し鳥人ヘッド!
1列目を追い越した吉田へ隼磨鋭く低いパス!吉田フリー!
動虎→大島がポストとなって最後は1列目を追い越した吉田!
という展開。うーんいいねー。目に浮かぶ目に浮かぶ。

さらにさらに
動虎をサイドから追い越す河合へ!河合のセンタリング一閃→ニアに飛び込む久保!ヘッド炸裂!
河合が縦に切り込む!そしてその横を動虎疾走!→ワンツーで河合フリー!
おおーこれも燃える!

そして、守備。
松田が燃える!舞台は揃った!目ん玉かっぽじって見てろジーコ!
河合と上野が遠藤を完全封鎖。
マグノ・フェルナンジーニョVS松田・中澤・栗原

見所一杯。
そして。。。最後に笑うのは俺たちだ。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-04-14 05:45 | マリノス徒然
ナビスコAGr.2日目 VS FC東京(2-0)
marinos supporters roomにて観戦

狩野初ゴールおめでとう。
Jホームでロスタイムに追いつかれた借りを返したね。

そして、ロスタイム久保ゴール。
久保が順調に調子を上げて来ている??

マルケス・マグロンが怪我とのこと。
今日の坂田の交代も気になる・・・

次節ガンバ戦。
ブラジルトリオ1人になってしまった動虎。
たのんまっせ!
[PR]
by dutra_shirt | 2006-04-12 20:55 | 観戦記
恵比寿「サリュー」にておフランス料理を堪能
ついに行ってきました。恵比寿「サリュー」。
c0046471_12432054.jpg

いつ電話しても予約でいっぱいでしたが
久しぶりに電話してみたらあっさり当日予約できたのでビックリ。

こちらディナーは一律5000円均一でアンティパストとメインディッシュ、デザートを1品づつ選択するシステム。
もちろんコーヒーか紅茶がつきます。
アルコールに対しては、フランスパンになんかの肝を濾したもの(?)を乗せたおつまみも。

私が選択したのは・・・
c0046471_1239469.jpgc0046471_12395058.jpgc0046471_1240171.jpg
竹の子とキノコのリゾットトリュフ風味・・・とてもリゾットには見えない。
ほろほろ鳥のグラタン・・・鶏肉が柔らかいのなんの。
イチゴのタルト・・・こう来るか。タルト。

妻がセレクトしたのが
穴子のぱりぱり焼きと豚の肝和え
あとなんだったっけ?

c0046471_12403282.jpgc0046471_12404253.jpgc0046471_12411068.jpg
普通、こういったアンティパスト、メインディッシュを選ぶ方式のお店って、
アンティパストがちっちゃくて、メイン2品食べないと腹八分目になったりするんですが
こちらサリューのアンティパストは量もしっかり。
もちろん味は文句なし。
盛り付けも斬新で「おお、こう来るか~」と、目も楽しませてくれる上に
やさしい味付けが好みにぴったりで2品とはいえ本当に堪能できました。

予約でいっぱいなのも納得です。

お店の内装は
大きな木の玄関ドアと窓、柱、建具にも同じ材質の木を使用した
統一感があって、シンプルですが温かみのあるデザイン。

スタッフの方達も気取らずさわやかな印象で
とても好感が持てました。
ワイングラスやビールが底をつきそうになったら、さっと継ぎ足してくれるし
料理のタイミングもばっちり。
こじんまりしたお店だからこそできるサービスのここちよさで、ついつい飲みすぎてしまいそうです。

ワインも1本あけてお腹も一杯。
すっかりいい気分でお会計。
帰りにはシェフも出てきてくださり見送っていただきました。

大満足。また行きまーす。
できればちょくちょく行きたい。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-04-11 19:59 | おいしんぼ



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt