2006年 10月 22日 ( 1 )
Jリーグ第28節vs汚いやつら(2-1)動虎大爆発!!サンキュー名良橋!
うららかな秋晴れの中行われた第28節。
わざわざ遠くから負けに来たお客さんにはお気の毒でしたが
実に爽快な気分です。

しかし名良橋の裏は本当に居心地のいい空間でしたね。

「いらっしゃいませ。そんなところに立ってないでどうぞどうぞ、お上がりください」
「スイマセン。居心地がいいものでまた来てしまいました。ご迷惑ではなかったでしょうか」
「そんなこと。ささ、どうぞどうぞ。何のお構いも出来ませんが」
「本当にお構いなく。すぐにクロスあげますので。ヨッ!」
「またヨッ!」
「またまたヨッ!」
「またまたまたヨッ!」

みたいな。


一点目。
動虎のセンタリングに巧。
DFがしっかりついていたつもりでも、一瞬の隙をみつけて上げられてしまう。
センタリングのシーンでは
そんなさりげないけど凄いテクニックを垣間見てしまいました。
ちゃんと名良橋がべったりついてたのにねぇ。
そして坂田オメデトウ。あと5点くらい頼むよ。

そして2点目。
DFラインでボールを受け取った動虎がすかさず前を向く。
遥か先にはアントラーズDFの裏を狙う久保。
迷わず超ロングパスを蹴る動虎。
動虎のパスを信じて前へ疾走する久保。
2人意志がシンクロし、ビックチャンスを作り出す。
ボールを受け取った久保が冷静にDFを引きつけている間に
さらに空いたスペースに山瀬が走りこんで久保のラストパスを引き出す。
ドカン。
素晴らしいハーモニー。美しい・・・。


後半はまたドッキドキの時間が多くて、手に汗握る展開でしたが
これもマリノスらしいっちゃぁ、マリノスらしいです。
今日の試合を観ていて再認識したんですが、マリノスらしい戦い方っていうのは
やっぱしこんな手に汗握る堅守が基盤にあるんだなぁと。
最近の数試合、比較的いい戦いが出来ている時は
まず松田や那須を中心とした、気持ちが入った・集中力を切らさない堅守がまずあって、
そこからリズム良く、しぶとくボールを前に送ってゲームを組み立てていく、
っていう軸がしっかりしている。
そして先制したら堅守速攻。さらにしっかり守る。
結果手に汗握っちゃう。

いいです。ドキドキも楽しみますから。
この調子でいよいよ・・・

「上位いじめ3」
最後の相手浦和戦は11月11日のポッキーの日です。
(その前に広島に油断めされるな)
[PR]
by dutra_shirt | 2006-10-22 10:05 | 観戦記



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt