2006年 08月 28日 ( 1 )
Jリーグ第20節vs京都パープルサンガ(4-0) 水沼マリノスまずは1勝!
水沼監督に替わって、まず選手一人ひとりの長所を挙げ、
それをゲーム中に生かすことを考えた、と新聞報道にあったけど
今日のゲームはまさにそんな試合だったと思う。

水沼効果の筆頭は山瀬。
山瀬の縦への鋭い飛び出しが本当に生きた試合だった。
今日の試合ほど山瀬のドリブルが生きた試合はこれまでなかったと思う。

それから、久保。
山瀬や奥がボールを持った時に魅せる、彼の決定的なボールを呼び込むフリーラン。
1点目はそんな久保の長所と山瀬のドリブルとが見事にかみ合った
美しい得点だった。

そして奥。

松田 直樹
「山瀬功たちが生きたのも、大介のおかげ。
彼が出ると、強いときのF・マリノスが戻ってくる。
後ろから見ていて、安心できた。」


全くそのとおりだ、と思う。
今シーズン、負け試合の後、何度「奥さえいれば・・・」とため息をついたことだろう。
今日の試合での奥と動虎の阿吽のパス交換ってば
うちの試合で久しぶりに「おおおおっ!スッゲー」と叫んでしまった。

河合と上野のボランチも安定していた。
上野が積極的に攻撃に絡むシーンも秀悦。
まさに彼の思い切りのいいプレーが見事に引き出されていた。


開幕戦以来の4得点。
今後の展開が楽しみですな。

More
[PR]
by dutra_shirt | 2006-08-28 08:57 | 観戦記



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt