2006年 08月 12日 ( 1 )
Jリーグ第17節vs川崎フロンターレ(1-1) フロンターレとの明らかな差
首位を行くフロンターレと、マリノスの決定的な差。
いつもと違う2階ゴール裏からの角度から見ると
非常に分かりやすかった。

前半は終始フロンターレの早い攻めにDFが翻弄されっぱなし。
「このままではいつかやられる!」と言う空気が蔓延した。

サイドが変わった後半。
今度はマリノスがゴール裏に向けて攻めてくるサイド。
フロンターレの足が止まってマリノスが攻勢にでるものの、
さっきまでこちら側に攻めていたフロンターレの攻撃と比較して
なんと迫力の無いものか。。。

相手のバイタルエリアにおける攻撃の迫力。
3トップ気味でワンタッチの速いパス回しでDFを翻弄し、
何重にも縦に切り込んで行く凄み。

ソレに対して我がマリノスの攻撃は
バイタルエリアに至ってからもまず周りを見渡して
前を見て後ろを向いてバックパス。


ワンタッチでパスを回し
DFを翻弄した後空いたスペースにどんどん2列目から縦に飛び出してくる川崎。
うちもできるはずなのに。。。
折角山瀬がいるのにすごく勿体無い。

マルケスがポスト。
マグロンが足元でボールキープ。
やはりもう一人、縦に切り込む動虎がいない事には
どんどんテンポが遅れて、それぞれの長所がうまく早い攻めに繋がっていかないのか。

勝てた試合に見えた。
首位川崎に対してアウエーで引き分けたというより
勝てた試合を落とした感が強い。

ダメダメな時期は完全に脱したが
上を目指すためには欲しかった勝利。
非常に残念。


(しかしあのオフサイドは納得いかねぇ。)
[PR]
by dutra_shirt | 2006-08-12 23:12 | 観戦記



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt