2006年 07月 11日 ( 1 )
マテラッツィがジダンに浴びせた言葉
TV局というTV局が、ゴシップ紙というゴシップ紙が、
あの時マテラッツィがジダンにどんな言葉を発したのか、
口読術を試したり、様々な手段を用いて
様々な憶測報道をしている。

近日記者会見を開いてジダンが公表する、というスポーツ新聞報道もあった。


「もうそんなこといいじゃないか」
と思う。
個人的には全く興味が無い。
残念な現役生活の終わり方をしたけれど
彼の輝かしい経歴や彼の偉大さに変わりは無い。


マテラッツィが言った言葉をジダンが公表したところで
いったい誰が得をするんだろう。
ジダンがそれを公表することでなにか彼に対する評価に影響を及ぼすだろうか。

「そんなこといわれたら頭突きしても仕方が無いよ。」
と誰かが思うだろうか。
「レッドカードは行き過ぎだった」
と判定が覆るだろうか。


僕はジダンはなにも語らないほうがいいと思う。
そんなこと、語って欲しくない気持ちでいっぱいだ。

興味津々の報道関係者に付き合う必要があるんだろうか。
何を聞かれても
「愚かな行為だった。反省している」
と繰り返すこと。それだけが、彼の尊厳、彼の彼らしさを守る行動だと思う。

それともそんな謙虚な態度に美学を感じるのは
日本人だけの感覚なんだろうか。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-07-11 21:33 | World Cup



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt