2006年 05月 16日 ( 1 )
23人枠
「北沢、そしてカズ、三浦カズ。」
日本が初めてW杯に出場したフランスで
加茂の更迭のあとを引き受けた当時の日本代表岡田監督が決めた23人枠。
過去の貢献度が高かった二人を切り捨てて
コンディションのいい戦力を優先した人事。

「ナカムラは私の構想に無い」
俺たちの中村俊介がW杯への切符を奪われた。
日韓W杯の日本代表監督フィリップトルシエの決めた23人枠。

「カズは試合に出なかったとしても代表に必要な選手」
「中村のFKで決めれる1点をみすみす捨てるのか」
「世界を相手にできるポテンシャルを持ったFWは久保だけだ」
23人という数は誰かを切り捨てなければ成立しない
絶妙な数なんでしょうね。
何を基準に選んでも皆が皆満足する解なんてあり得ない数。
貢献度で選べば今コンディションのいい選手を選ばないのか、と批判され
コンディションで選べば今までコンディションが悪くても我慢して使いつづけたのは何だったの?と批判される。

選ばれた23人に対してあぁだ、こうだ、と言っても仕方が無いと言うこと。
ここまできたら選ばれた選手たちを応援する、ということが大事。

More
[PR]
by dutra_shirt | 2006-05-16 12:38 | 日々徒然



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt