Jリーグ第29節vsガンバ大阪(1-1) マリノスは強い、というプライド。
左サイドに位置した坂田からややセンターに構えた山瀬功治へパスが通る。
ゴールを背にした山瀬が最初からゴールに向かう軌道を頭に描いていたかのように
足でちょこんとトラップした後
そのまま流れるようにターンして前を向いた次の瞬間。
ゴールに向かって躊躇なくボールを打ち抜いた。

山瀬ーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

ジダンかと思った。
あのマルセイユに近い形のターンからのシュートまでの華麗な流れ。


何度も何度もマリノスDFの裏を取った播戸の独走を許し、
決定的瞬間を迎えるかと思われたその時、
もう誰も居ないはずの播戸の前には
自らのゴールを空けて飛び出す榎本哲也。

痛すぎる松田の離脱。
対するのは播戸、マグノ、二川、フェルナンジーニョ、中山、家永、と
現在J最高の攻撃陣を揃えるガンバ大阪。
チャンスと見れば波状攻撃で襲い掛かる彼らの前に何度も立ちはだかり
そして松田の分まで機を見て攻め上がって
守りに入ることなく攻め続けろ、というメッセージをチームに伝え続けた中澤佑二。

シュート体勢に入ったガンバのFW陣に
最後の最後で必ず追いつき、
足を投げ出してシュートを防ぎ続けたCB那須大亮。

ペナルティエリア内でマグノにボールが渡り
飛び出した哲也の隙を突いて強烈なシュートを打ったその時。
ゴールライン際に立ちはだかったのは
上野良治。

柔らかいボールキープから前を向き
一瞬のチャンスを狙い続けた久保竜彦。

やっぱり凄かった加地とのマッチアップ。
まさに職人同士のぶつかり合い。
一進一退を繰り返したが、それでも一瞬の隙を突いてクロスをあげ続けた動虎。
やはりこの男。すごい。



勝ちたかった。だが勝てなかった。
最後はマグノの突破力の前にゴールを許し同点に追いつかれた。
(この男にはホントいい思い出が無いなぁ)
でも
ホイッスルと共に崩れ落ちるほど死闘を尽くした選手達。
最後まで
勝ち点3に向かって攻め続け、集中を切らさず守り続けた選手達に
大きな拍手を送りたい。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-10-15 05:00
<< レクイエム アジアカップ予選 VSインド(... >>



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31