adeus & obrigado マグロン
その強いボディバランスと類い稀とも言える足元の巧みなボールキープ。
紛れもない誇り高きセレソンのテクニックを堪能させてもらったし、
それ以上に、彼には言葉ではなく、戦う姿勢でチームを引っ張っていける強さがあり、
本当にリスペクトに値する男だった。

きっと周りの選手達も彼から多くのことを学んだと思うし、
見ている我々も、
トリコロールの、そしてセレソンとしての誇りを胸に戦うということは
こういうことだ、という熱い姿勢を見せてもらった。

最後は水沼マリノスの構想から
はじき出された格好となったけど
たまたまそのスタイルが、新しいチームのスタイルに合致しなかっただけで
質の高いポテンシャルは紛れも無かった。

アディオス、そしてオブリガード
[PR]
by dutra_shirt | 2006-09-02 07:05 | マリノス徒然
<< ナビスコカップSFvs鹿島アン... Jリーグ第21節vsヴァンフォ... >>



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31