座して死ぬ位なら戦って死ね 岡田監督への感謝・レクイエム
昔からサッカーフリークであった妻に誘われるようにして
ワタシがマリノスの試合をスタジアムで観戦するようになったのは
丁度岡田監督がマリノスの監督に就任した2003年シーズンから。

そしていきなり完全制覇。
あのジュビロ戦は一生忘れられない。




引き分けで優勝を狙えるジュビロが時間稼ぎをはじめて
もうここまでか、とも思えたロスタイム。
DFからのロングパスが大きくバウンドして前線の久保へ渡る。
鳥人なみに跳躍した久保が必死であわせたヘッドが、ゆっくりと、確実にゴールネットを揺らす。
一瞬の静寂の後、爆発的な歓声がスタジアムを覆いつくす。
誰もが叫び、誰もが抱き合った。
ホイッスルが鳴り、単純に目の前の最終戦の劇的な展開を喜んでいた時、
突然オーロラビジョンが映し出される。
そこには雨に濡れた小笠原の苦悩の表情。
そうだ、鹿島が負ければ優勝だった。。。
そしてホイッスル。
再び地鳴りのような歓声。
俺たち完全制覇したんだ・・・

そして岡田監督就任2年目。
2003年の勢いを借りて1stステージは優勝したものの
エメルソン有する爆発的な勢いのあるレッズに2ndステージを制覇され
連覇はチャンピオンシップに委ねられることに。
しかし、我々には「短期決戦なら勝ち方がある」と自信を覗かせる名将がいた。
1戦目のホームでは中盤を飛ばしてロングボールを放り込み
セカンドボールを確実に物にして前線で勝負する
レッズ自慢の危険な中盤を省略して攻める戦略がまんまと功を奏す。
セットプレーで得た河合の執念のヘッドで得た虎の子の1点を
自慢のリーグトップのDFが守りきり
まずは1勝。
2戦目は真っ赤な埼玉スタジアムでの決戦。
完全アウェーの中で三都主にFKを直接決められ0-1のままホイッスル。
そして運命のPK。
「これでウチが勝った。」と名将が選手の輪の中でつぶやく。そして動虎のコロコロ!
高々と歌うダレカンピオン!
敵地でいつまでも回るトリコ傘。

そして世界への挑戦。
もう国内では無敵だ。
俺たちは最強だ。
そんな驕りがこのころ芽生えてしまったのかもしれない。
就任していきなり2連覇。
いつしか我々は無意識に優勝請負人のような期待を岡田監督に背負わせていたのかもしれない。

その後の2シーズンは振るわなかったものの
でも今、こうして振り返って見ると
本当に岡田監督には感謝、しか言葉がない。

あの2003、2004年だけでも
岡田監督には一生味わえないような本当にいい夢を見させてもらったと思う。

この感謝の気持ちを直接本人に伝える機会がもう与えられないのが
残念で仕方が無い。
せめてココに感謝の意を記す。
本当にありがとうございました。

「腰の引けたサッカーだけはしたくない」というあなたの強気な姿勢
ベンチから飛び出して噛み締めるガッツポーズ
記者会見で見せるウイットにとんだジョーク
大好きでした。
すべてがいい思い出です。

-------------------------------------------------------------------

翻って、今のマリノスは弱い。
あの頃が嘘のようだ。
僕たちは驕りを捨ててココから始めないといけない。

水沼コーチが監督に就任したが
出来れば彼のためにも監督代行にとどめて欲しかった。
でも、もう規定路線なのだから
全力で水沼体制を応援するしかない。

目標を、指針を、そしてプライドを失いかけているマリノス。
いま忘れてはいけないのは

座して死ぬ位なら戦って死ね

という、あの時の岡田イズムなのかもしれない。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-08-24 22:04 | マリノス徒然
<< Jリーグ第20節vs京都パープ... Jリーグ第19節vs大宮アルデ... >>



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31