なでしこ 女子W杯最終予選にみる北朝鮮のお国柄
北朝鮮ってさぁ。

2006年ドイツW杯の最終予選の際も
バーレーン戦、イラン戦のホーム2試合にて、
判定を不服とする観客の一部が試合後にピッチにものを投げ入れたり、
選手バスを取り囲んだり。

同じイラン戦で北朝鮮の選手がペナルティエリア内で倒れてもPKを取らなかった審判に、
選手らが詰め寄って暴行を加えたこともあった。

そんで、今回の女子W杯最終予選でも
審判に対する暴行事件で3名の出場停止。

審判にドロップキックって。。。
ありえないよなぁ。

これって、全くの想像だけど
これらの行為はお国柄なんじゃないのかなぁ。


あーいう国だから、
「こんなことやっちゃだめだ」と、国が方針を出していれば
絶対守らなきゃいけないはずだから
おそらくお国柄として、
納得いかない判定に対しては
暴力行為に出ることを、国として暗黙に認めているんじゃないだろうか。

じゃないと、国家的な判断から逸脱した行為をした場合に
一生僻地に左遷されるイメージがあるあの国で。
とんでもない罰則が待っていると思われるあの国で。
こんなあからさまな暴行が認められるとは思えない。

よく分からないことが多い国だから
なんともいえないけど
国際試合を行うにはまだ歴史が浅いのかもしれない。


負けんなよ、なでしこ。
格の違いを思い知らせてやれ。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-07-29 00:59 | 日々徒然
<< ジュビロ戦録画見ました。 岡田監督の去就 >>



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30