箱根駅伝 第8区の惨事
はじめは、内股で不安定な走りはその選手の癖なのかと思った。
が、8区の残り3km付近で明らかに道路のセンターへ、センターへと蛇行し始めたそのとき
随行車に乗った順天堂大学の仲村明監督がたまらず飛び出る。
その手にはペットボトル。
脱水症状で意識が朦朧とし始めていることはTVで見ていても分かった。

学生時代、脱水症状をなめてはいけない、と体育会の先輩から教わった。
脱水症状がでたらすぐに運動を止め、水分を補給し、日陰の涼しい場所へ移動するように、と。
近年では「熱中症で死亡」なるwordも新聞を賑わすくらいだから
順天堂大学のキャプテンを務める難波選手に、
この時大げさではなく、死と隣り合わせの危機が迫っていた。

仲村監督が、蛇行する難波選手へ水を渡し、一言二言話し掛けたのがわかった。
恐らく「ぺースを落とせ、歩いてもいい」というタイミングだったかと思う。
このときはまだ難波選手は時々バランスを崩しながらも、何とか意識を繋いで走ることができていた。


キャプテンとしての責任感、襷にかかる順天堂大学全選手・全スタッフの思いが、
彼の意識をなんとか繋ぎとめていたものの、
それが切れ掛かる瞬間がもう一度訪れたのは残り200~300m付近だったろうか。
一瞬、バランスを失い、両手で泳ぐような仕草をした難波選手の足がとまり、
そのまま失神して倒れるか、と思われた直後、
失いかけた意識の中で、なお彼は足を前に進めた。
倒れかけた体は、失われた推進力を進めた足によって取り戻した。

「前へ」
その一念。

最後はよたよたと歩くようなスピードで、襷を渡すと彼は崩れ落ちた。
足が止まりかけたのが、残りあと200~300m地点ではなく、
1kmもあった地点だったら監督は彼が走るのをとめたかもしれない。

「足が痙攣し、責任感からかパニックに陥って脱水症状を併発した」との報道がされたが
私はむしろ逆だと思う。
脱水症状で意識が朦朧とする中、彼の足を前に進め、
そして見事次のランナーに襷を渡すまでの間、
途切れかかる意識をなんとか繋ぎとめたのは、
彼のキャプテンとしての責任感以外なにものでもない。


3分近くトップを独走していた順天堂大学の順位は5位に落ちた。
彼のこのブレーキが原因で、同大学は優勝を逃した。
今年4年生の彼のこのブレーキを、彼自身が箱根でリベンジする機会はもう永久に訪れない。
だが、彼の襷を繋げる執念は、後輩達に十分に伝わったはずだ。
彼の不屈の精神力を、彼が背負った襷の重さを、
毎年正月が来るたび、箱根駅伝を見るたびに思い出すことだろう。
[PR]
by dutra_shirt | 2006-01-05 12:28 | 日々徒然
<< 大橋が移籍確実!?うそだろ。 天皇杯準決勝 >>



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30