Jリーグ第34節 VS大宮アルディージャ
Jリーグ第34節 VS大宮アルディージャ(A)
12/3(土)14:00キックオフ(1-1)

動虎のコロコロスタジアム。
コロコロのときには2F観戦だったので、1Fからだとこんなにピッチまで近いとは知らなかった。
ちょうど1年前はここで日本一を決める戦いを観ていた。
今年は同じ時期、同じスタジアムで
優勝戦線とは何の関係も無い位置にあって、
優勝戦線とは何の関係も無い相手とのJリーグ最終戦を迎えた。

だけど、この1年、かつて無いハードスケジュールを乗り切った選手達に
とりあえず(まだ天皇杯があるけど)お疲れ!の拍手を贈るために
コロココスタジアムに足を運びました。

前半は調子が悪い時のマリノスを象徴するかのような
パスを繋ぐことに終始し、得点の臭いが全くしない試合展開。
ハーフタイムの笛とともに、一部からブーイングも起こったほど。
スコアはペナルティーエリア内で中西が与えてしまったPKで0-1。
中西って時々やっちゃうよね。

後半となって、マリノスがサポーターの方に攻めるサイドに回ったが、
目の前のFW陣はボールを持っても打てない、打たない、打たせてくれない。
ゴール裏はサポーターの焦れた感情が支配し、その感情が次第にヒートアップしてきたその時。
何度もはじき返されたボールがペナルティーエリアの少し外側にいた上野に渡った。
「打て!」「上野打て!」
ゴール裏からの悲鳴のような声は恐らく上野の耳に届いていたのではないか。
上野らしく迷い無く打ち抜いたシュートは
目の前のゴールに突き刺さる!
→そして控えめな、そして歓喜を理性で押し殺すような上野のガッツポーズ!

かっこいいよ。上野。

ボランチは競争が激しいけど、どうか来年もお願いします。
上野がいないとダメです。

ロスタイムの劇的な逆転で今シーズンの締めくくりを期待するも
あと一歩のところでタイムアップ。

お疲れ!
そして天皇杯へ。

【今日の動虎】
シュート2本枠の上にはずすも、まあ普段どおりか。
あいかわらず奮迅の活躍。
[PR]
by dutra_shirt | 2005-12-04 08:13 | 観戦記
<< 入れ替え戦 「舞妓さんをマリサポに」計画 >>



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31