Jリーグ第25節 VS 浦和レッズ  ただ、プライドを賭けた戦い
Jリーグ第25節 VS 浦和レッズ(A)
19:00キックオフ(0-0)

テレビ観戦。

田中隼磨の復帰第1戦。
優勝戦線から取り残された感のあるマリノスにとっては
宿敵レッズに対してただ、プライドを賭けた戦いといってもいい一戦。

互いにしっかりと守りあい、しっかりとボールを繋いで攻め合う好ゲームになった。
なんか、一時の「負けないマリノス」、を彷彿とさせる見ごたえのある試合だった。
特に中澤を中心として、栗原、河合、那須のDFは絶対に先制点を取らせない、といった鬼気迫る迫力があり、
去年のCSの緊張感を思い出させてくれた。

相変わらず決定的な場面で決められない、というのも
もはやマリノスの伝統か?(笑)
しかし。
こういうしっかり守って土壇場まではらはらドキドキ、という試合展開は
正直大好きである。

決定機、という意味ではマリノスが勝てた試合だったかもしれない。
スコアレスドローという結果に満足してはいけないのだろうけど
チーム状態もかなり上向きになってきた実感があるのが嬉しい。

マグロンがフィットしてきた!
でもそうなると、上野の使い方が微妙だけど、嬉しい悲鳴か。
後はFW陣の奮起を待つ!

【今日の動虎】
・決定機を演出するクロスを上げる、という最低限の仕事はしていたけど
 パスの精度は今日もいまいち。
[PR]
by dutra_shirt | 2005-09-26 06:27 | 観戦記
<< Jリーグ第26節 VS 大分ト... うどんを打ちました。 >>



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31