動虎 新Tシャツ作成! その1
去年作った動虎Tシャツの文字が流石にかすれてきた。

去年のは

Wardで「動虎」の基本デザインを決め、印刷(HG行書体)

カッターで文字を丁寧に切り抜く

布用インクの入ったマジックを購入しておき、これで型通りに文字をTシャツに書き込む

アイロンでインクを定着

と、まあ原始的な方法で作成しました。
やたら時間がかかった割に、マジックで文字をなぞる方法のため
近くで見ると少々雑な感が否めません。

そこで!NEWTシャツ2005を作成すべく研究してみました。




Tシャツ自主制作のいろいろなHPを見ると、インクの定着には2種類の方法があるらしいですね。
 ①シルクスクリーンで型を作ってインクをプリントする方法
 ②転写プリントといって専用シートをつかってTシャツにアイロン等で転写する方法

シルクスクリーンって、アンディーウォーホル等のポスター作成で使われている手法ですが
身近なものでいうと、「プリントごっこ」の手法がそれに近そうです。

「プリントごっこ」・・・あるよね。

年賀状を作る要領で、布用インクを使えば原理は同じなので出来るはず。
恐いのはインクを載せるメッシュシートのメッシュ穴とインクの粒子がうまくはまってくれるかどうか。。。?
あと、ユニクロの[BODY TECH]Tシャツに印刷したいのだけれど、
発汗性の強いこの生地にちゃんとインクが載ってくれるのか?


ま、なんとかなるっしょ。
さっそくプリントごっこでTシャツ作成開始!

先ずは原稿作成。
去年のTシャツの欠点はTシャツの背面が無地でさびしいので
今年のTシャツは背面のデザインも考慮しました。(【Dutra#5】部分)



c0046471_7125896.jpg
いいねぇ。




c0046471_7135882.jpg
インクジェットではシルクスクリーンが作れないので
コピー機でコピーします。



c0046471_7152941.jpg
お馴染みのプリントごっこ。



c0046471_7163595.jpg
Tシャツ用のインク



c0046471_7174363.jpg
アイス用のスプーンでインクを載せます。



c0046471_7183931.jpg
印刷する場所をビニールテープで決めます。



c0046471_7193322.jpg
Tシャツをセットします。緊張・・・



c0046471_7204367.jpg
ニジミ過ぎました。しかも、緊張しすぎで上下反対に・・・



c0046471_7214149.jpg
水性インクなので洗ってやり直しです・・・


















反省点
・インクジェットではシルクスクリーンが出来ない事に気付くのが遅く、ランプ2個ムダに。
・試し刷りをしすぎてインクが固まってしまう。シート1枚ムダに。
・1回目で勝負!と思ってじっくり印刷したらインクがにじんでしまった。
 Tシャツの素材もにじみ易いため次回はさっくりと印刷したほうがよさそう。
・裏写りしないように下敷きが必要。

Tシャツが乾くのを待つ。(その2に続く)
[PR]
by dutra_shirt | 2005-07-30 05:49 | 動虎シャツ制作活動
<< 動虎 新Tシャツ作成! その2 Yahoo!スポーツ ファンタ... >>



「中退アフロ田中」にハマっています。 頑張れFマリノス!
by dutra_shirt
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31